平成26年5月15日(木) 〔ニュースとコメント〕

 ●「エンタメハウス」 配信記事

 「エンタメハウス」は今月14日、「2階建バスで東京を360度パノラマ観光「SKY HOP BUS」が熱い!」
 とのタイトルで、次のような記事を配信した。

 乗り降り自由の屋根なし2階建てバス「SKY HOP BUS」。

 東京駅の丸の内三菱ビルから、毎日、乗り降り自由の屋根なし2階建てバスが
 運行しているのをご存知だろうか? それが「SKY HOP BUS」だ。

 丸の内の三菱ビルを起点に、東京スカイツリー方面、お台場方面、六本木方面の3コースの観光地を
 約1時間に1本の間隔で定期運行している観光バスだ。

 お値段2500円。24時間以内なら、便がある限り乗り放題。


ソース http://entermeus.com/95045/

 ●ブログ管理人「鈴木きたろう」のコメント

 詳細につきましてはリンク先を見て頂きたいですが、とにかく、
 もし当ブログの管理人が乗りましたなら「あれは○○ビル!」「あのビルは・・・」「あの建物は」などと、
 見どころの多過ぎさに、ついには目を回してしまいそうです(笑)

 >東京駅の丸の内三菱ビルから運行
 
 出発点のビルからしていわゆる「ハコモノ」という、
 その手のマニアには堪らない?観光アトラクションかもしれません。




  ●「読売新聞オンライン」配信記事

 「読売新聞オンライン」は今月14日、「丸の内をシャンゼリゼに…仲通りホコ天構想」
 とのタイトルで、次のような記事を配信した。

 東京都の舛添知事は14日、東京駅西側の千代田区丸の内周辺を視察し、
 メインストリートの「丸の内仲通り」を歩行者専用道路とする構想を明らかにした。

 パリのシャンゼリゼ通りをイメージし、さらなる街活性化のため、今後、
 通りを管理する同区や警視庁などに働きかけていくという。

 仲通りは有楽町と大手町を南北につなぐ約1・2キロの区道。
 高級ブランド店やテラス席のある飲食店などが並び、ビジネスマンや観光客でにぎわい、
 平日正午から午後1時までの間、約800メートルを歩行者専用にしている。
 舛添知事はこの日、周辺の再開発を進める三菱地所の担当者とともに視察。
 歩行者専用にすれば街の活性化につながり、
 ビルへの荷物搬入は通りの裏側からでも可能との提案を受けた。

 視察終了後、舛添知事は記者団に対し、「まずは週末限定にしたり、
 平日の時間を拡大したりするモデル事業として実施できれば」と話し、
 「ぶらっと散歩をし、おなかがすいた時は屋台ですしが食べられるようにしたい」と述べた。


 ソース:http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20140515-OYT8T50006.html

  ●ブログ管理人「鈴木きたろう」のコメント
 先ほど話題にしました「丸の内三菱ビル」も仲通り沿いに含まれるものと思いますが、
 あそこの建物はともかくとしまして、
 あの通り沿いのビルには、イカツイ感じの警備員さんが出入り口にズンと立ちふさがっているような、
 そんなところも多いものです。

 建物前で普通に散歩しているだけなのに、妙に警戒されるような事もあります。
 観光客を呼び込もうと言うのですから、もしこの構想を本気で実現したいのでしたら、
 その辺は、もう少し抑えて頂きたいところですね。

 まあ、今日のところはこんなところで。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック