平成26年3月7日(金)●管理人「鈴木きたろう」のニュースとコメント●

【K-POP】韓国7人組ヒップホップグループ“防弾少年団”が6月に日本デビュー



●「オリコンニュース」配信記事

 「オリコンニュース」は7日、「韓国7人組“防弾少年団”、6月に日本デビュー「一生懸命練習してます」」
 という見出しで、次のような記事を配信した。

 韓国の5つの新人賞を総なめにした7人組HIP HOPグループ“防弾少年団(ぼうだんしょうねんだん)”が、
 6月4日にシングル「NO MORE DREAM」で日本デビューすることが6日、わかった。

 昨年6月に韓国でデビューした防弾少年団は、ラップモンスター(19)、ジン(21)、シュガ(20)、
 ジェイホープ(20)、ジミン(18)、ブイ(18)、ジョングク(16)からなる7人組。
 昨年12月と今年1月に東京・大阪で行ったショーケースライブでは、日本デビュー前にもかかわらず
 4万6000通もの応募が殺到したという注目株だ。

 日本デビュー曲は、韓国でのデビューシングルに収録された人気曲「NO MORE DREAM」の
 日本語バージョン。彼らの音楽性をよりわかりやすく表現するために、
 倖田來未や加藤ミリヤらさまざまなアーティストのライブや
 作品に参加する日本人ラッパー、KM-MARKIT(ケムマキ)が日本語詞を担当した。
 カップリングにはグループ名を冠した「進撃の防弾」を収録する。

 リーダーのラップモンスターは「韓国でデビューしてまだ1年も経っていないですが、
 こんなにも早く日本デビューできることになり、とてもうれしく、そして緊張しています。
 早く僕らの音楽を日本の皆さんに聴いていただきたい」と待ちきれない様子。
 「日本語でラップをするのがまだ難しいのですが、かっこいい姿を見せるために今、
 一生懸命に練習をしてます。音楽性と歌詞にも多くの方々が共感し、
 感動を与えられるようになりたい」と意気込みを語った。

 入門編として、昨年韓国でリリースした1stシングル「2 COOL 4 SKOOL」、
 1stミニアルバム『O!RUL8,2?』をセットにした日本仕様盤を4月23日に発売。
 同26・27日には大阪国際フェスティバル『ASIAN STAR SUPER LIVE』に出演することも決まった。
 日本デビュー直後の6月7日に東京、8日に大阪でイベントも行われる予定。





  ●ブログ管理人「鈴木きたろう」のコメント
  韓国語バージョンを聞いた限りでは正直ちょっと冴えない感じの楽曲にも聞こえなくもないですが、
  一体どうなりますかね。KM-MARKIT氏作詞の日本語(アレンジ)バージョン次第、かもしれません。
  所属事務所という「BIGHTエンターテインメント」は日本ではあまり馴染みの無いところですが、
  こちらは日本法人もある「JYPエンターテインメント」との関連の深い会社ということですので、
  日本におけるプロモーション活動の音頭は、実質的にはJYPの日本法人が執り行うことになりそうです。
  (JYPエンターテインメントのプロデューサーが興した会社、とのこと。)
  同事務所の所属タレント(2PMワンガ等)の日本語版CDはいずれもソニーミュージック系列から発売。
  順当に考えればソニーミュージック系列からのCD発売となるでしょう。
  とりあえず朝のテレビ番組「めざまし」「ZIP!」辺りへの出演は鉄板事項ともいえるでしょうね。
  そのうちZepp Tokyoにもまず間違いなく来ます(笑)

  今日のところはこの辺で。


  〔記事関連建物オフィス等〕
  東京都港区北青山2-12-28セイザンビル2F・株式会社JYPエンターテインメント・ジャパン
  http://geinoumap.blog.fc2.com/blog-entry-103.html
  東京都港区六本木6-8-10ステップ六本木ビル3F/2F・オリコン株式会社(オリコンニュース)
  http://geinoumap.blog.fc2.com/blog-entry-939.html
 


 〔メモ〕
 倖田來未=エイベックス 
 KM-MARKIT(ケムマキ)=ソロモン・アイ・アンド・アイ プロダクション/ポニーキャニオン


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック