スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成26年2月26日(水)●管理人「鈴木きたろう」のニュースとコメント●

【IT】
アップル本社に設置予定の故ステーブ・ジョブズの彫刻、どう思います?



●Exiciteニュース配信記事

 「Exiciteニュース」は今月26日、「今回選ばれたアップル本社に設置予定の故ステーブ・ジョブズの彫刻、
 どう思います?」という見出しで次のような記事を配信した。

 アップル本社に設置される故ステーブ・ジョブズの記念碑には1万点以上の応募がありましたが、
 アップルはDragan Radenovic氏の彫刻を選びました。

 ジョブズが指揮を執っていた頃のiPhoneやその他のアップル製品のように
 滑らかなラインとは相反するようなフォルム。
 今回公開された未完成の縮尺版には、キリル文字で2進法を表す数字の1と0が刻まれ、
 ジョブズの胸像が上部に組み込まれています。
 アップル製品のような滑らかで綺麗で完璧なものより、この作品の持つ不完全さを評価したのでしょう。

 この彫刻は、完成すると高さが3~5mになる予定で、クパティーノにあるApple本社に設置される予定です。

 ところで、これ、どう思います?
 ステーブ・ジョブズを表す最高の作品なのか、または、完全に見当違いの駄作なのか?
 アートって難しいよね…。







 ●管理人「鈴木きたろう」のコメント

 ただただ「不気味なモニュメントだ」と言う他はない。
 やや下部に配置された「0」「1」といった配置意味の分からないマシン語数字が、
 その不気味さをより一層引き立たせているようにも感じる。
 話題性というものを最重要視した結果なのだろうか。


 ・「dragan radenovic」氏の他作品はこちら。









 そのうちこれらの作品群を3Dプリンタで再現するような猛者も現れるような気もします。

 おわり




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。